生前墓を建立するメリット

墓石を建立するタイミングは人それぞれ異なりますが、生前に建立することも問題ございません。石碑にも分類される墓石を生前に建立するメリットをいくつかご紹介します。

自分の意思でお墓選びができる

生前に立てるお墓のことを生前墓と言います。「長寿」「子孫繁栄」「家内円満」といった果報を招くという言い伝えもあり、最近では早めに墓石を建立する方も増えています。実際、生前墓にはたくさんのメリットがあります。例えば、お墓のデザインを前もって家族に伝えていても、金銭的な問題など、何らかの事情で故人の希望が通らないというケースも少なくありません。生前墓は、自分自身の意思をはっきり反映させることができるメリットがあるのです。

家族の負担を軽減できる

家族の死は悲しいものです。しかし、悲しみに浸る暇もなく、死亡届などの事務手続き、故人宅の片付け・遺品整理、遺産相続手続き、法要の準備など、やるべきことに次々と追われてしまい、心身に大きな負担がかかってしまいます。これまで健康に過ごしてきた家族がストレスを抱えて、健康面に何らかの影響が及ぶ可能性も否定できません。生前にお墓を建てておくことは、家族の負担を少しでも軽減させることできると言えます。

生前墓は相続税が発生しない

故人が残した現金や不動産、宝石などの財産すべてに対して相続税が課せられます。しかし法律上、生前墓には相続税が発生しない仕組みがあり、相続税が課せられることありません。例えば、お墓を建てるために残しておいた現金は課税対象となってしまいますが、お墓そのものは祭祀財産に該当するため、税金が免除されるのです。そのため、賢い資産運用を行うことができます。

岐阜市で生前墓や石碑の建立を検討されている方は、ぜひ弊社にお任せください。墓石素材種類やデザイン、価格など柔軟に対応させていただきます。お墓・石碑建立以外にも、墓地移転や改葬などに関することもお気軽にご相談ください。岐阜市を中心に近隣エリアからのご相談もお待ちしております。