需要が高まる納骨堂

近年、都市部などを中心に墓石の建立ではなく、納骨堂の需要が高まっています。高齢化社会が進行している日本では、これからますます納骨堂の需要が広がると予想されます。そこで、寺院様が納骨堂を導入するメリットについて迫ってみます。

寺院利用者の増加

寺院へは、信仰する宗派に属する方がお祈りを捧げるため、定期的に足を運んでいます。しかし、それ以外の方は初詣など、イベント時のみに訪れることが多いのではないでしょうか。現代人にとって寺院は遠い存在となりつつありましたが、納骨堂が注目されるようになった現在、寺院利用者も徐々に増加傾向にあるのです。納骨堂の建立は、寺院利用者増加のきっかけになる可能性があります。

一時お預かりの関係から長いお付き合いに

お墓参りに行く機会がない方にとって、管理や供養などの永代供養を行ってくれる寺院様は心強い存在です。また事情によって墓石を準備できない場合も、一時的に遺骨を預けることができる関係性は素敵なご縁と言えます。こういったご縁がきっかけとなって、寺院内で墓石建立の相談を受ける可能性もあるのです。納骨堂の建立がきっかけで、利用者様との長い付き合いに発展していきます。

管理体制も充実

納骨堂は狭い土地でも建立が可能なため、主に都市部などで需要が高まっているのが特徴です。寺院の土地・スペースに合わせた屋内納骨堂や屋外納骨堂を建立でき、寺院の規模に最適な広さで管理体制を充実させることもできます。例えば、屋内納骨堂なら天気を気にせず快適にお参りすることができ、お墓の引越しも比較的気軽にできるなどのメリットがあります。利用者様の利便性が高いことは、寺院様にとって大きなアピールポイントになります。

岐阜市にある弊社では、納骨堂の施工依頼を承っております。納骨堂設置工事のご相談は岐阜市周辺だけでなく、全国に対応しておりますので、お気軽にお問い合わせください。納骨堂のデザインも、中規模・小規模のドーム型施設から屋外棚型施設まで幅広く対応いたします。