時代を反映したお墓の形態が増えている

近年は少子化や核家族化、家族のあり方が変化したことでお墓の形態も増えてきました。こちらでは、様々なお墓の形態をご紹介していきます。

家墓

一般的なお墓の形態で、先祖代々受け継がれていくお墓です。本来は、家を継ぐ方がお墓も受け継いて管理をするのが一般的でした。
しかし、核家族化や少子化などの影響で、そのご家族の親族や子孫が使用することもあるようです。

両家墓

1つのお墓に2つの家が入るお墓です。お互いに一人っ子で跡継ぎ同士の結婚、もしくは両家の家が離れていてお墓の管理が難しいなどの問題があるとき、両家墓にすることでお墓の管理の負担が軽減します。

夫婦墓

言葉の通り、ご夫婦二人だけが入るお墓です。本来、お墓とは先祖代々受け継いでいくものですが、近年では「子どもにお墓を継承させていくつもりはない」が配偶者や兄弟、親戚、友人のお参りの為という理由から、夫婦墓を選ぶ方が増えてきています。また、同様の理由から個人墓を建てる人も増えつつあります。

永代供養墓・納骨堂

継承者や独身の方などお参りする方がいなくても、お寺や霊園がかわりに供養と管理を行ってくれるお墓です。

共同墓

ご家族や血縁者などの繋がりではなく、同じ宗派や考えなどをもった人同士が、ご自身の意思で同じお墓に入る為のお墓です。
一般的には、団体や会社などの組織で用いられますが、近年では共同墓を併設した介護施設もできています。

岐阜市にある弊社は墓石の販売・施工納骨堂施設の建立、一般石工事など、石に纏わる様々な業務を手掛けています。お墓づくりでは、お客様のご要望をお伺いし、石碑のデザインやプランをご提案いたします。

また、納骨堂の建立のご依頼の際はドーム型、アーチ型、壁型納骨堂にしたいなど、ご相談いただければ、ご要望に沿えられるように尽力いたします。墓石や納骨堂、石工事に関することなら、ぜひ、弊社にお任せください。