石碑の種類について

石碑と一言でいっても様々な種類があります。こちらでは、代表的な石碑の種類をご紹介します。

和型墓

伝統的でポピュラーなタイプの塔の形をした石碑です。台石の上に戒名などを彫る棹石を置いた三段墓が多く、原型はお位牌といわれていて、地域によって形が少しずつ違っています。寸法比が決まっているので、棹石の大きさとのバランスを考えて台石を組み合わせます。

洋型墓

民営の霊園や墓地、芝生墓地などで見かけることが多い、横に広がっているタイプのお墓です。縦よりも横の幅が広く、高さが低いので安定感があります。
和型のように寸法や形状の制約がないことや、モダンな雰囲気や開放感があることから、洋型墓を選択する方が増えつつあります。

デザイン墓 

故人の意思や趣味、好みなどを反映、残りは立てる人の想いを形にしたお墓です。往来の形にとらわれない今の時代にあった、新しいタイプのお墓といえるでしょう。
音楽が好きな方なら楽器をモチーフにした形にしたり、読書が好きな方なら書物の形にしたり、亡くなった人への想いを形にしたお墓を建てることができます。

五輪塔

お寺の五重塔と同じような役目をもち、供養塔として用いられる墓石です。下から「方形」「円形」「三角形」「半月形」「宝珠形」の石材を積み上げます。
また、それぞれの石材は、宇宙の構成要素(空・風・火・水・地)を表しています。

岐阜市でお墓を建てようとお考えなら、弊社にご相談ください。弊社は岐阜市を中心に年間100基以上の石碑の施工を行っています。施工価格は石碑の素材や細工の有無、小物などによって変わりますので、お気軽にお問い合わせください。また、石碑の施工以外にも神社仏閣や公共の石工事なども承っています。