六通寺様

 名古屋市東区 大曽根駅にほど近い場所にある六通寺様にて、合葬墓の施工を行いました。
 六通寺様では、檀家様を対象としたものを希望され、境内の一角に大日如来坐像を本尊とする合葬墓を建立しました。また、合葬する際には、一定期間骨壺のまま納める正面の棚区画と、中央の散骨孔に合葬された方の名前を刻んだプレートを背面に納める形となっています。

間口2,360mm
奥行700mm
高さ2,070mm
収容数24室
合葬プレート 113枚
主要材本体:白御影石
棚:灰御影石
完成平成27年1月

正面
完成した合葬墓