石選びのポイント

記念碑や墓石を建立する際、彫刻する文字に対するこだわりとともに、石選びも慎重に判断することが大切です。石材のデザインはもちろん、素材の良さも石選びのポイントとして挙げられます。こちらでは、外国産石材・国産石材それぞれの良さをご紹介していますので、ぜひご参考ください。

国産石材

記念碑や墓石などは、何十年何百年と末永く建立されることが多いため、長持ちする素材が求められます。価格を気にせず、高品質の石材を優先に選びたいとお考えでしたら、国産石材がおすすめです。国産石材の大きな特徴は、日本の風土にマッチしているという点です。日本の気候で育った国産石材は長い時間を経ても風化しづらく、耐久性に優れていることが最大のメリットと言えます。また、外国産石材が主流と言われる現代において、希少価値も高くなっていることも人気を集める理由のひとつです。

外国産石材

日本における外国産石材の多くは中国産が高いシェアを誇っています。中国産石材の特徴は、産出量の多さと石の種類の豊富さ、価格の安さなどが挙げられます。中国産石材は良質な石材が新たに産出して急速に改善されており、日本国内でも中国産石材を選ばれる方が増えています。
中国産石材が出回る以前はインド産石材が主流でした。インド産石材は、日本にはない濃い石が多くあるのが特徴です。また、素材が密で吸水率も低く、石が固くて艶持ちも良いという特徴も挙げられます。他にも南アフリカ産石材は品質の良さ、長持ちしやすいといったメリットがあります。

このように、外国産石材・国産石材ともにそれぞれ違った良さがあります。予算やデザイン、耐久性など様々な視点からお目当ての石材をお求めください。

岐阜市にある弊社では、国産・外国産の石材を数多くご用意しており、記念碑や墓石などの設計・建立依頼を承っております。公共施設のモニュメント設置工事をはじめ、個人様の墓石施工依頼まで幅広く対応いたします。岐阜市を中心に東海エリアで石に関する工事のことならぜひ、弊社にお任せください。