スムーズに改葬をする為の手順

近年、「転勤や結婚などでお墓が遠くなり、管理が難しい」「お墓の継承者がいないので、納骨堂に移したい」など、様々な理由で改葬を考える方が少なくありません。改葬を行う際は、スムーズに改葬が行えるように流れを知っておきましょう。こちらでは、改葬の一般的な流れについてご説明します。

現在の墓地管理者に改葬の意思を伝える

今までお世話になった墓地の管理者には、事前に改葬を考えている旨を伝えておきましょう。

お墓の引っ越し先を探す

改葬には、既存のお墓からご遺骨だけ移す方法と墓石ごと新しい墓地に移す方法があります。ご遺骨のみの場合は、新しいお墓を用意してお引越しします。
墓石ごと移すよりも料金が安く、改葬はこちらが一般的です。墓石ごと移す場合は、引越し先の墓地によって持ち込めないことがある為、墓地を探す際に墓石も移せるかの確認が必要です。条件にあう墓地を見つけたら、墓地の契約を行い「受入証明書」もしくは「永代使用許可申請書」を発行してもらいます。

改葬許可申請書をもらう

現在のお墓がある市町村役場で「改葬許可申請書」と「埋葬証明書」をもらってください。
※地域によっては1枚になっていたり、埋葬証明書は現在のお墓の管理者からもらうケースがあります。

改葬許可証を発行してもらう

「改葬許可申請書」と「埋葬証明書」をもらったら現在のお墓の管理者に記名・捺印してもらいます。
次に、現在のお墓がある市町村役場に提出し、「改葬許可証」を発行してもらいましょう。

ご遺骨の引き取り

現在のお墓の管理者に「改葬許可証」を提出し、ご遺骨を引き取る日時を決めます。ご遺骨を引き取る際は、お墓から魂を抜く「閉眼法要」を行いましょう。
その後は、石材店などに依頼して墓石の撤去処分を行い、更地にして管理者に返還します。

納骨を行う

新しいお墓が完成したら、引越し先の墓地の管理者に改葬許可証をお渡し、納骨する日取りを決めます。納骨を行う際は、お墓に魂を入れる為の「開眼法要」が必要です。

上記が一般的な改葬の流れです。改葬には諸々の手続きやお墓の用意、法要など、様々な準備が必要です。改葬する際は、時間にゆとりをもって準備していきましょう。

岐阜市で改葬・移転に伴い、新しいお墓を建てる予定がありましたら、改装申請、墓地の選定を含めて弊社にお任せください。弊社は石碑・お墓の販売・設計施工を行っています。
また、納骨施設建造や墓地造成工事なども手掛けています。